2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未熟者

福島から秋田へ避難した祖父から電話がきました。私が心配していると思い、かけてきてくれたようです。その第一声で腰が抜けそうになりました。
『この度は心配かけちゃってごめんね。もう2.3日もしたら原町さ戻っから。ここにいつまでもいるわけにいがねから。』
受話器持ったまま固まりました...え?戻るとは?避難してまだ二日ですよ、おじいちゃん!その場では軽く流しました。なにせひとの話を聞かないおじいちゃんですから、孫の私が説得できるわけがないのです。父に説得してもらおうと思いました。

そして電話を切って考えました。今の祖父の姿を思い浮かべました。住み慣れない家にいて気を使いながら生活している、日課だった世話をする畑もない...『ここにいつまでもいるわけにいがね』という言葉がずっと耳に残りました。私は祖父たちが心配で、安心できるところに避難させたかった。けど、それ以上に私自身が安心したかったのかもしれません。それに気がついてすごく反省しました。私の安心のために何時間もかけて祖父たちを移動させてしまったことを後悔しました。

おそらく、この数日の間に原発にこれ以上大きなトラブルが起きなければ、祖父たちは近々南相馬へ帰ると思います。そこはまだ人も少ない、物も手に入れにくい街のままだと思います。けれど祖父たちにとっては唯一そこが帰る場所なのです。だから私もできるかぎりそこで生活が送れるようにサポートしようと決めました。

大切な人を守りたいという気持ちも、独りよがりになったらいけないんですよね。反省しきりです。


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

 せっかく、という言い方はおかしい(すぐに健康被害のある状態ではないと言っている身で)ですが、せっかく生活状況が南相馬より良い場所に行かれたのだから、少し留まっていてもらえないでしょうか、僕からもお願いさせてもらいたいです。気を使いながらの生活、僕も耐えられないかもしれません。でも、いやな言い方をすると、物資が入ってこない(自分で届けてやりたいよ・・・)状況では、人が少ない方が、まだ残っている人たちにその分回る、という現実も。。。。気持を優先してあげたいのも分かるし、辛いですね。

choiwaru101先生
確かにそうですね、物資が少ないなかですから人数を増やしてはだめですよね...しかし、すでに遅かったようで戻ったとの事後報告...こちらから直接物資を送れないか調べたところ隣町の宅急便の営業所が再開したとの情報がありました。なんとかそれでサポートしていく方向で考えているところです。

本日、いまさら、20~30km圏内自主避難しろと・・・自分が政府だったら申し訳なくて切腹するところです。もしも良かったらうちをお貸ししますよ!・・とはいっても、お爺様たちももう移動で体壊されないか、そっちのほうが心配なレベルですかね。。。でも、圏外へとりあえず移動させたい時は、遠慮なく言って下さい、離れで個室ですから、少しはましかと思います。それともし物資が届かないようなら言って下さい、近いですし、何の躊躇もなく任務遂行いたします!!(関係なく、何か現地に届けられないか考えています、「ついで」で行きます!)

choiwaru101先生
ありがたいお言葉、心強いです。まったく政府の対応には厭きれますね...。こんな状況ですから、何かあったらご協力いただくかもしれません。その時は宜しくお願いします!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekomotowave.blog55.fc2.com/tb.php/237-ef7001b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南相馬市、そういうことか。 «  | BLOG TOP |  » 被災した動物のことも

プロフィール

猫本夫婦

Author:猫本夫婦
-猫と緑のある生活-
2011年~波乗り休憩中...
★ふう★(三毛猫)
2007年12月 千葉の海岸にて保護
当時およそ5ヶ月
毎日のお迎えとお見送りを欠かさない。
★のびた★
2008年11月~2014年6月 栃木県の保護先から里親サイトが縁で家族になる。
強面で大きな体にガラスのような心の持ち主。
けれど空気が読めない男。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いつでも里親募集中

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (27)
猫日記 (178)
波乗り (1)
旅 (6)
徒然 (3)
緑のカーテン (15)
サーフトリップ (4)
定点撮影 食卓 (6)
FOOD (3)
movie (8)
美味しいお店 (1)
風景 (1)

プロフィール

猫本夫婦

Author:猫本夫婦
-猫と緑のある生活-
2011年~波乗り休憩中...
★ふう★(三毛猫)
2007年12月 千葉の海岸にて保護
当時およそ5ヶ月
毎日のお迎えとお見送りを欠かさない。
★のびた★
2008年11月~2014年6月 栃木県の保護先から里親サイトが縁で家族になる。
強面で大きな体にガラスのような心の持ち主。
けれど空気が読めない男。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。