2011-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マシッソヨ!

ギリギリまで冬休みの計画を立てずに過ごしていたのだけど、せっかくのまとまったお休みなので韓国に行ってきました。

韓国料理はいろいろと美味しいものがありますよね。

その中でもあまりメジャーではないけれど、想像以上に美味しかったものがありましたのでご紹介。

『ツクミ』(現地の発音ではトゥクミって聞こえました。)という豆もやしと小ぶりのイイダコの炒め物です。

元祖ナントカ..
これがお店の外観

なんと書いてあるのかさっぱりですが、韓国で10年以上暮らした同僚からの情報でたどり着けました。

明洞はたいていのお店で日本語が通じるらしいということで、ほとんど勉強せずに行ってしまったことをここのお店で後悔しました。(笑)

ローカルな雰囲気
店内の様子

空港からお腹を空かせて一目散に向かったので、時間が御飯時ではなかったからか、お店にはお客さんが誰もいませんでした。というか、店員のおばちゃんが座布団を並べた上に寝ていました。一瞬やっていないのかと思い、扉の付近で躊躇していると、おばさんが「食べるの?」みたいな感じでスプーンを口に運ぶ仕草をしたので私がコックリと頷くと「座りなよ」みたいな感じで(全てがふわっとしたやりとり...笑)ガスコンロが置いてある席に座らせてくれました。
なんとシンプルな..
メニューはたったこれだけ

シンプルなメニューにホッとしたのもつかの間、他にお客さんがいないため要領がうまくつかめません。おばさんは紙に『中』と書いてきたのですが、同僚からのアドバイスで二人なら小で足りるとのことだったので、おばさんに『小』って書いて見せるとちょっと怪訝そうな表情になりましたが、そのままキッチンのほうへ行ってしまいました。

豆もやしとツクミ
一分も経たないうちにこの状態の鍋が運ばれてきました

なんとなく日本にいるときに人から食べ方を教えてもらっていたのですが、他のお客さんがいないだけに確信を持てないまま私たちは豆もやしとタコが鍋の中で炒められていくのをじっと見守り、おそるおそる食べ始めました。するとこれがまぁなんと美味しいこと!食べ方が間違っていたとしても関係ないと思えるぐらい美味しかったです。付け合わせにキムチやら黒豆やらが出てきたのですが、エゴマの葉っぱ?とわさび醤油の使い方はわからないまま...

そうこうしているうちに、やっとお客さんが入ってきました。が、かなり食べすすんでしまっているので今さらここまでの食べ方が間違っていたことが判ったとしても後の祭りだなぁ...とか思いつつ彼女たちの食べ方をチラチラ。しかし、私たちは次の段階へ進まなければならない状況になっていました。と言うのも、どういうタイミングかがはっきりわからないのですが〆にこのお鍋にゴハンを入れて焼き飯にしてくれるらしいのです。その流れだけは知っているのですが、どうすれば焼き飯のステージへ進めるのかわからないまま私たちの鍋の中の具はほとんど無くなり、残ったタレがグツグツと煮詰まり始めました。おばさんに助けを求めようと視線を送るのですが、遠くの席で自分のゴハンを食べていて全然気付いてくれません。煮詰まったタレのが焦げ始めたころにようやく遠くのおばさんが私の挙動不審な動きに気付きました。そして『パプ?(ごはん)』と聞いてくれたので大きく頷くとおばさんは私たちの鍋を奥の方に持っていってしまいました。てっきり自分たちの目の前で焼き飯にしてくれると思っていたのでアレッと思いましたが、1.2分でこんな状態の鍋が戻ってきました。


締めの焼き飯
美味しいに決まってるって!

こんな感じで、かなりハードルの高いお店を一軒目に選んでしまった私たちですが、正直言ってこのツクミが今回の旅で一番美味しかったです。しかし、最後まで何が正解かわからないままお店を出てしまいました。ちなみにあとから入ってきた現地の女性のグループは結構早い段階で黒豆のおかわりをしていました。黒豆っておかわりするぐらいの勢いで食べるものだと思わなかったので衝撃でした。

南大門、東大門と観光地ばかり流し見ているうちにタイムオーバーとなる日程でしたが、地下鉄に乗ったり『NANTA』というSHOWを観たりしてそれなりに満喫できました。南大門はいつもいっているアメ横に雰囲気がよく似ていて馴染みやすかったし、そういうところの人たちはみんな日本語が流暢で親しみやすかったです。そんな街なのにオットは何人ものひとにすごい勢いで韓国語で話しかけられていて笑ってしまいました。どこか現地の方の要素があるみたいです...

屋台
街のあちこちにある屋台。ケチャップだと思っているとだいたい甘辛いタレでした。

グラマーなおっさん
南大門にいたおじさん。おばさんに大人気でした。

そうそう、私はコスメなどに疎いのであまり予備知識がなくて驚いたのですが、IKKOさんが火付け役となった化粧品やかたつむり成分が入った美容液がそこらじゅうで売られていました。それを目当てに来られるかたが多いんですね...かたつむりクリームはネバネバの保湿成分がシワに効くらしいです。ガイドの女性もカタツムリクリームは効くと言っていて、実際にお肌がものすごくもちもちでキレイだったので説得力がありました。なんだか、そのへんにいるカタツムリを見る目が変わりそうです。





スポンサーサイト

情熱の対象

昨年末に箱根駅伝を観るためにTVを録画できるようにしてもらった。
ここ10年ほどお正月はずっと仕事だから箱根駅伝はニュースのダイジェストだけで我慢してきたのだけど、もういい加減に我慢も限界に達したためだ。そして年末に放送される駅伝前の予習番組でしっかり勉強して、本屋さんで箱根駅伝完全ガイドなる選手名鑑も購入し準備は万端。2日、3日は深夜まで12時間遅れの箱根観戦。満喫満足。
それからほぼ毎日、帰宅後に自分なりのお気に入りシーンを繰り返し繰り返し見続ける。最初のうちは一緒に楽しんでいたオットも、帰宅時に箱根の実況が聞こえて来るという状況が二週間も続いた頃には『う、ウソでしょ...』と一言。いえいえウソじゃありません。ちょうどオットが限界に達したその頃に『もうひとつの箱根駅伝』の放送があり(もちろん録画)我が家では涙と笑いの楽しい夕食タイムが続いている。
今は来年の箱根に向けていろいろな駅伝やハーフマラソンを観戦しているところ。なんだか久々にどっぷりハマってしまいそうな予感。同世代の監督に感情移入し、選手をお母さん目線で追ってしまう。若い頃とはまた別の目線で新鮮だなぁ。良いか悪いかは別としてね。

instagram


iPHONEのカメラ関連アプリをいろいろ試して

instagramにハマってます

twitterの写真版のようなもので

写真を見た人がコメントをくれたりもするのです

写真屋さん風に?
この写真にいただいたコメントが

『怒らないで~』でした(笑)

本人、ここ一番のお澄まし顔のはず...

フウは相変わらず見せ方を心得ています

ニャ!

気軽にUPできるのでついついそちらばかりになりがちなこの頃




捕まりますよ!


人間の世界では

ふふふんふふふん♪
場合によっては


Im just looking..
捕まってしまう行為


なんのはなし?
君のことだぞ




夕飯の匂い


夕飯の匂いを嗅ぎ付けてやってきた

隙がねぇな.
スキを伺うのび太



偶然すれ違った名も知らぬ君

のび太の従兄弟?
なんとなく親近感が湧いてパチリ

そんな顔して君も甘えん坊なの?

(彼(彼女?)はこの後、後ろを振り返りつつどこかへ消えて行きました。)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

猫本夫婦

Author:猫本夫婦
-猫と緑のある生活-
2011年~波乗り休憩中...
★ふう★(三毛猫)
2007年12月 千葉の海岸にて保護
当時およそ5ヶ月
毎日のお迎えとお見送りを欠かさない。
★のびた★
2008年11月~2014年6月 栃木県の保護先から里親サイトが縁で家族になる。
強面で大きな体にガラスのような心の持ち主。
けれど空気が読めない男。

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

いつでも里親募集中

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (27)
猫日記 (178)
波乗り (1)
旅 (6)
徒然 (3)
緑のカーテン (15)
サーフトリップ (4)
定点撮影 食卓 (6)
FOOD (3)
movie (8)
美味しいお店 (1)
風景 (1)

プロフィール

猫本夫婦

Author:猫本夫婦
-猫と緑のある生活-
2011年~波乗り休憩中...
★ふう★(三毛猫)
2007年12月 千葉の海岸にて保護
当時およそ5ヶ月
毎日のお迎えとお見送りを欠かさない。
★のびた★
2008年11月~2014年6月 栃木県の保護先から里親サイトが縁で家族になる。
強面で大きな体にガラスのような心の持ち主。
けれど空気が読めない男。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。