2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のびとのお別れ

のびくんは2014年6月1日の早朝、静かに息を引き取りました。

思い返せばこの一年間は、なんだかおかしい、何かがおかしいと感じながら
それでも初めのころは深く原因を追及するところまでは及ばず
病院へ行っては対処療法で調子を取り戻すという繰り返しでした。

あの時点で内視鏡検査をしてもらっていれば
もう何週間か早く抗がん剤投与に踏み切れていればなど
考えればきりがないのだけど、.これはのびがいなくなってしまった今だからこそ考えられる選択肢であって、実際、吐くことが続いたからといって全身麻酔してまで検査に踏み切るか、
リンパ腫と判断がつかない状態で負担のかかる抗がん剤を使う決断が出来たかというと..
もう一度同じ状況になっても選ぶ道は同じなのかもしれません。

のびは帰宅時に玄関先まで迎えに来る子でした。
私たちは家に帰ると、お腹が空いたのびに玄関からごはんの場所まで誘導されるのです。
それが玄関先に顔を見せない日が徐々に多くなり、部屋に入っても座っていた場所から動かず、帰ってきた私に顔をむけるだけになっていきました。

2014年4月の初旬に自分からごはんを食べなくなってからは、本当にあれよあれよと言う間に何もかもが進んでいってしまった感じがします。
その間に私たちも初めての強制給餌や投薬、抗がん剤の勉強などいろいろと経験しました。
少しでもラクなように、ストレスがないように工夫する半面、嫌がるのびを抱き、命を繋ぐための強制給餌と投薬をしなければならない矛盾の毎日。
薬の効果がなかなか出ない、検査結果を待つ間にも目に見えて弱っていく姿を見守る毎日は本当に辛かった。
それでもシリンジであげるごはんを嫌がりながらも飲み込んでくれる姿に、このごはんを受け付けなくなったらダメかもしれないけど、今はちゃんと飲み込んでるからきっと大丈夫。と自分に言い聞かせていました。
だけれども食べたご飯はのびのための栄養ではなく、リンパ腫の成長に全て使われてしまっていたような気がします。
のびが助からないかもしれないという思いは、決して口にすることはありませんでしたが、食べさせても食べさせても痩せる一方で、そのことを考えてしまうと場所や時間関係なくいつでも泣けて困りました。

出来るだけ早く会社を出て、地元の駅から自宅までは急ぎ足で帰る毎日。
どうしても早く帰れなそうなときは夫に連絡してどちらかが早めに帰れるように調整です。
自分でごはんを食べないので、朝7時のごはんのあと、とにかく一刻も早く帰って夕御飯を食べさせてあげなくてはという一心でした。
本人は食べたくないのだから何時間あいだが開こうが関係ないのかもですが...

のびくんはおおらかというか鈍感というか、感覚が猫っぽくなかったと思います。
じっと人の目を見つめてくる。寝るときは人の頭の上や首元、呼ぶとよっこらしょと立ち上がり歩いてくる。
ニャーと鳴かない(トゥルルルと鳴く)。動きが重い。猫のくせに足音がする。水を舌で舐めないでがふがふ飲む。空気を読まない。絶対に怒らない。
とても個性的な出で立ちで家に遊びに来る人たちにも友好的。
笑いを振りまき、マイペース。我が家に欠かせない存在でした。
今でも思い出さない日はありません。
のびは私たちに笑顔とたくさんの楽しい思い出を残してくれました。


ここからは記録としての闘病記です。
スポンサーサイト

Read More »

青いスイトピーとは


緑のカーテンとして植えた『青いスイトピー』

花付きがいいし、キワーノや琉球朝顔と比べて元気もいいしなかなか出来るヤツ

そして最近本当の名前がわかった!(おそっ)

『スネイルフラワー』(かたつむりの花)

青いスイトピーは流通名らしいけど、スネイルフラワーの方がしっくりくるよ...

スイトピーのほうが売れるのかね?

そして屋根を目指していたわが家の計画、現在こんな感じになっております。

真下から見上げた様子↓
屋根

横から見るとこういう状態↓
横から

屋根として太陽を遮るにはほど遠いけど...

予想以上にスネイルフラワーの咲き加減がいい感じなので満足している

しかし、そのスネイルフラワーがよく咲くおかげで

こいつが毎朝やってくるようになった!!!
スズメ

ハッチと呼ぶにはゴツすぎるお体の持ち主

もしや、蜂業界最強といわれるスズメさんでしょうか??

常にオラオラのオーラを漂わせながら飛ぶその姿はカッコイイ!

けど怖いよ!!

8月初旬あたりから通い始め、ここ三週間ほどは見ない日はない

そしてたまにもう一匹連れ立ってくる((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

毎朝のことなので、そろそろ馴れてきたけどやっぱり怖いよ

とりあえず近づかないようにしてこれ以上増えないように祈ります...

(対処法はこれで合ってるの?)



そしてもう一つ、(話逸らす)

楽しみにしていたキワーノちゃん

もうそろそろ収穫してもいいかね?
手榴弾みたい

ライム+バナナと解説されていたお味は想像する限り微妙ですが

食べた感想はまたのちほど。


最近、植物の写真ばかり撮ってフウたちの写真はiPHONEでばかりなので

すねちゃった?

「プイッ」
プイ

カメラをなかなか見てくれない

気になってるくせに〜

「み、見ないんだからねっ」
カメラ嫌い

こっち向いて♡

「しつこいんじゃ!!」
これでいいか


怒られました〜(;゚Д゚)

子猫お届け


先週末、無事に子猫をお届けしてきました。

車で小一時間の移動

↓この15分後にはスヤスヤと...
どこ行くニャ

到着した里親さんのお宅は

吹き抜けのリビングの上にキャットウォークがあるという

願ってもない素敵なおうち!!

新居

最初は用心してケージからなかなか出てこなかった子猫ちゃんですが

里親さんが時間をかけておもちゃで誘い出してくれまして

30分ほどで探検モードに...

私だったらそんなに待たずに抱っこして外に出しちゃうところ

里親さんは猫の気持ちをよーくわかってらっしゃる...

その後、探検するこの子を横目にずうずうしくもランチまでごちそうになり

さらにノビたちにおもちゃのおみやげまでいただき帰ってきました。

ほーれ新しいおもちゃだぞーい
ジー


シュッ
シュッ

それにしてもこの2週間、この子のおかげで里親探しを実際に経験し
シンデレラ

寝不足な日々を送り

ノビが意外にも子守り上手だということも知ることができて

楽しくてあっという間だったな〜







子猫その後

ということで里親に応募してくれたご夫婦が
わが家まで子猫に会いにきてくれたわけで
お会いするまではどんな方なのかドキドキでしたが...
お二人ともとても優しい猫想いの方で、安心してお任せできそうです!
ふぁぁぁぁ

ひとまずホッとしました。
近々のお届けの日まで大事に育てなくては!!

今回、里親さんを探すために初めて
「ペットのおうち」
というサイトを利用しました。

これがなかなか使いやすいサイトで、登録したメールアドレスに
里親希望者からのメッセージが届くのですが
希望者ごとに対応したステータスが一目で分かるようになっているので
複数の申し込みが重なっても混乱しません。
そして個人情報はお話が成立するまで伝えなくても済みます。
ただ、応募するほうも希望の子が見つかると気軽にメッセージが送れるので
『気になったのでメールしました』的な
本気なのか、チャット的な感じでちょっと送っちゃっただけなのか
困惑するようなメッセージが届くことも。

その辺はきちんと見極められればいいことなので
サイト自体はとても便利だと思います。デザインも可愛いし。







子猫を保護しました


8月2日の夜にわが家に連れてこられた子猫
ume2.jpg

妹が彷徨い歩くこの子を保護して病院へ行ったその足で連れてきたんだけど

350g...小さすぎてどうしましょう!
ume5.jpg

あまりにも小さいもんでその小ささに動揺して
粉ミルクつくるのに哺乳瓶を熱湯消毒しようと思ったのはいいんだけど
哺乳瓶を素手で持ってる上から自ら熱湯を注ぐという失態。
どんだけ動揺してんだか...
慌て過ぎだとたしなめられやっと我に返る始末。


8月4日現在 370g
ume8.jpg


フウとノビという先住がいるし、まだまだかわいい盛りの子猫だから
良いご縁もきっとすぐに見つかるはず!と、里親さんを探すことにした。
そしてこのブログで紹介する間もなくも里親サイトからご連絡いただいた方とお見合いの日程が決まった〜!

そこで感じたのは、写真写りが超重要だということ。
沢山載せられた猫ちゃんたちの中で、運命の子を探すとき写真が可愛くないと絶対損。
同じ子でも角度とか、光の具合で変わる黒目の大きさで
違う子に見えるぐらい印象が変わってくるものね。
その子の運命はカメラマンの腕にかかってます!(わ!言い切っちゃったけど...)
ume1.jpg


この子に良いご縁がありますように!!(私の腕にかかってるのか...汗)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

猫本夫婦

Author:猫本夫婦
-猫と緑のある生活-
2011年~波乗り休憩中...
★ふう★(三毛猫)
2007年12月 千葉の海岸にて保護
当時およそ5ヶ月
毎日のお迎えとお見送りを欠かさない。
★のびた★
2008年11月~2014年6月 栃木県の保護先から里親サイトが縁で家族になる。
強面で大きな体にガラスのような心の持ち主。
けれど空気が読めない男。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

いつでも里親募集中

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (27)
猫日記 (178)
波乗り (1)
旅 (6)
徒然 (3)
緑のカーテン (15)
サーフトリップ (4)
定点撮影 食卓 (6)
FOOD (3)
movie (8)
美味しいお店 (1)
風景 (1)

プロフィール

猫本夫婦

Author:猫本夫婦
-猫と緑のある生活-
2011年~波乗り休憩中...
★ふう★(三毛猫)
2007年12月 千葉の海岸にて保護
当時およそ5ヶ月
毎日のお迎えとお見送りを欠かさない。
★のびた★
2008年11月~2014年6月 栃木県の保護先から里親サイトが縁で家族になる。
強面で大きな体にガラスのような心の持ち主。
けれど空気が読めない男。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。